古い家具や雑貨を探すなら・・・東寺ガラクタ市♪

京都はガラクタ市や骨董市がしょっちゅうお寺で開かれています。
規模の大きいものから小さいものまでいろいろあって、
有名なのは毎月21日に開かれている東寺の弘法さんの市と、
25日に開かれている北野天満宮で開かれている骨董市。
それ以外にも手作り市や骨董市があちこちで開かれている、
いうなれば骨董好きにとってはパラダイスのような場所です(笑)
骨董、というとなんだか堅苦しい感じですが、
いろいろ見ていると可愛らしいものや手を加えてみたら素敵になりそうな
掘り出し物もあります。
昨日東寺のガラクタ市で見つけたもの。
古い引出つきの本棚(引出の錆びた取っ手が気に入った!)
古くて重い踏み台(どっしり感と一枚板使っているところに一目ぼれ!)
二つで2000円。
常連さんらしいおじさんが私の代わりに値切ってくれました。
とても重かったのですが、がんばって自転車で持って帰りましたよ。
今まで倉庫に掘り出されていたか、誰かの家で掘り出されていたか・・・
どっちにしてもかわいがられていなかったのは一目瞭然の
ほこりまみれ・蜘蛛の巣まみれ。
約2時間かかってぞうきんで拭きました。
拭いても拭いても黒いホコリがとれましたがやっときれいになりました。
写真じゃわかりませんが、本当にきれいになったんですよ!
ガラクタ市では古い椅子や古い欄間、味のあるガーデニングに使えそうなバケツ、
滑車や取っ手、古いランプの傘なんかも売っています。
もちろん絶対ほしいものが売っているわけではないのでめぐり合わせ、ですが、
ほしいものとめぐり合った時の嬉しさは格別ですし、
愛着がわきます。
ご興味のある方は気軽に覗いてみてはいかがでしょうか?
無添加住宅久御山モデルハウス