心をこめて

みなさん、新築工事が始まるとまず最初に基礎工事が始まり、その次には、
土台を組み
土台敷き後
柱を立て、梁を乗せてと お家の骨組みを組み立てます
躯体
そしてその骨組みが組み上がった状態を上棟(じょうとう)といいます。
新築工事での大きな節目になりますので、この時に、大工さんたちの労をねぎらう為と今後の工事の安全祈願を兼ねてお祝いを行うものが上棟式と呼ばれるものです。
昔は、現場に紅白の幕を貼り、宴席を設けたり、棟からお酒を流したり、上から お餅やお金をまいたりと盛大にしたそうですが、最近では現場で飲食をすると汚れてしまったりしてはいけないので略式にすることや、式自体をしないことも多いのです。
その場合でも、現場の一番高い棟木に棟札を備え付けて、建物が取り壊されるまでお家をお守り続けます。関西では御幣(ごへい)とも呼ばれています。
上棟御幣
その御幣ですが、最近は出来上がったものが売っているので、それに名前を書き込んで使っている工務店も多いのですが、コマツハウジングでは昔ながらに手作りしています。
その風景がこれです。
まず、扇を3つつなぎ合わせ、飾りを作成していきます。
社長の奥様と、事務の八幡が心をこめて作っております。
それを、材木屋さんから納入れてもらったきれいな串材の頭を
屋根型に加工し、
最後に社長が 気合を込めて ハーッ と!!
これで、出来上がった御幣がこれです。
ちょっとしたことですが、コマツハウジングでは。
心をこめてお家づくりをしています。
社長も社員も一丸となり。
お客様の思いを胸に!!!
★oketani★