窓の結露と高気密高断熱

今日の京都は寒かったですね!(シャレではありませんが・・・)
マンションの5階に住んでいる私の家からはうっすら雪化粧された山が見えて
綺麗だったのですが、まあ寒いこと!

ただ、私の住むマンションは鉄筋コンクリート。
つまり最強の高気密高断熱なので、中はそれほど寒くありません。
一度エアコンで暖めれば暖かさが持続して、
まさに今どきの(古いマンションですが)帰りたくなる暖かな家!です。

それに東向きの窓があるので、で朝はこんな光景が見られます。


出窓があるのでいろいろ飾っているのですが、








という掃除も面倒くさいし、いやーな結露。
でも実は無添加住宅では結露は起きません!
それはしっくいの調質効果によります。
しっくいがうまく調質してくれるので、結露は起きないんです。

ただ、最近の新築の場合、結露を防ぐ窓がついていることがほとんどですので、
窓は結露しないと思います。
でも・・・実は・・・壁の中の結露が怖いんです!
高気密高断熱住宅の怖いところが、見えない壁の中。
壁の中が結露すると湿度が上がりカビや腐朽の原因になりますし、
さらに怖いことに柱が腐って家の耐震性に影響することも!

新築をお考えの方は、壁の中、の結露も考えておうちを選んでくださいね。