プリント合板

IMG_0733-2

IMG_0733

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

私は毎日の体温の検温(がんばれているのは娘のみですが・・・)、手洗いの徹底をがんばっております。

ただ、肌が親子ともども弱いので、保湿に気を付けないと、手がガサガサに。

娘の手首に湿疹を発見して、慌てて手首まで保湿をするようになりました。

ちゃんと手首まで洗っている証拠なのかもしれませんが、皆様もお子様の手首も触ってみてください。

※親が塗っていたら塗れるのかもしれませんが、子供の手にクリームをつけて、一緒にこうやって塗るよー!とやっていると手首までクリームいかないみたいです。

 

さて。

気づかないフリしていたのですが、築10年目の我が家。

プリント合板の剥がれが出始めました。

 

※プリント合板とは・・・基材である合板の表面に高度な印刷技術によって自然の美しい木目や色柄を再現した化粧シートを貼り合わせた建材製品です。

 

新築当初はいいのですが、年月とともに経年劣化で接着剤の粘着力が弱まり剥がれが出てくるのがデメリットです。

無垢材のドアは経年劣化で剥がれは出てきません。
色が変わりますが、その風合いを楽しむことができます。
また、木というのは調湿効果により、室内の空気中の水分を季節により調湿してくれます。

デメリットはその調湿効果により、建具に隙間が開いたり、開きにくくなったりします。

 

生活する上でどちらがいいかは一概に言えませんが、身体にいいのは無垢材です。