プレカット工場見学

4月26日上棟に向けて、新築工事が着工しているI様邸のプレカット工場見学に行ってきました。
プレカットとは在来工法の構造材(柱、桁等)の仕口加工を機械化することで、これまで大工が手刻みでしていた作業に代わり現場での工期短縮や建設コストの低減が図れるのです。
場所は舞鶴、とれとれ市場近くのプレカット工場です。

この工場でプレカットされる木材の8割から9割は集成材とのことですが、コマツハウジングが使うのは無垢材のみです。
建坪が60坪ほどになるI 様邸に使われる構造材は約200本、加工には9時間かかります。
I 様ご一家に加工の様子を見ていただきました。
息子さんもスタートのボタンをON。



長い柱が機械に吸い込まれ、みるみる加工されて出てきます。



I 様の名前が記されています。

最後は職人の手によって磨かれて美しい柱の完成です。

今日はこの工場の半分がI 様邸の柱で埋まります

この柱たちがI 様邸へと姿を変えるのだなと思うと感無量・・。
I 様邸の設計は一級建築士のご主人様によるものです。
大きな中庭のある、とても素敵な設計です。
木材は乾燥状態さえ維持できれば、鉄筋コンクリートより耐用年数の長い建築材料です。
呼吸のできる構造の無添加住宅で、
この美しい柱たちがI 様ご一家を守り続ける事のできる
良いお家を建てさせていただこうと心新たにした一日でした。

磨きの前のカンナ掛けで出た木屑もきれいなので、
ラッピングのリボンに使えるねとお持ち帰りされました。