ミニツアー第一弾!無添加住宅外観めぐり!!

6月28日(日)ミニツアー第一弾!無添加住宅外観めぐり!

お天気にも恵まれ、梅雨の晴れ間にバスツアーで西宮までお出かけ外観ツアーをすることができました。参加者の皆様の晴れパワーのおかげです。

小型バスをレンタルして、高速に乗り、西宮にある無添加住宅本社へ。

2Fがショールームに!リフォームされました。

中の様子は続きから。

 ショールームに入ると、皆様、あちこち見学。

キッチンや洗面、タイルや床(フローリング)など、実際の施工されたものを素足でお確かめいただきました。


※マーブルイエローとサンドライト、サンドベージュです。

キャビネットも開け閉めして、においなどチェック。
冬場だと、フローリングの木の素材の違いがよくわかるのですが、6月だと気温が暖かいのでそれほど変わらなかったですね。冬場のしんごんの暖かさはダントツ!なんですが。

その後、さらに無添加住宅の東坊氏より説明をしていただきました。

弊社の仕上げはキヌカですが、無添加ワックスで一年後お手入れする場合の方法を実践。

キヌカにしろワックスにしろ、てぬぐいにちょっとつけて、手でガシガシ塗っていきます。
つけすぎないのがポイント。
ワックスする前にスチームをかけるといいのですが、水拭きするだけでも凹みがかなり戻ります。

上にのってるのは積み木。人気でした。木の積み木、いいですよね。

お昼を食べた後は、外観を見に行きました。
西宮・芦屋を回ったのですが、山手は本当に急でバスの運転手さんのすばらしいハンドルさばきに感嘆の声が。

つい、マイクを忘れての説明、すみませんでした。

京都ではなかなか屋根材が見える物件がなくて(平坦なもんで。屋根まで見えない)、クールーフの雰囲気と漆喰の外観の雰囲気を見ていただけたかと思います。

石使いも無添加らしい!

京都は景観条例が厳しくて、なかなか真っ白!や石使いが難しい地域があるのですが、少し黄土を混ぜたり、格子をつけたりして回避できますので、ご相談ください。
ブラウンは難しいですが、クールーフグレーは瓦の色と変わらないので、風致の厳しい地域でも通りました。

狭い道路幅に苦戦したせいもあり、15時帰宅が大幅に遅れ、京都に着いたのが17時半!
皆様、大変申し訳ございませんでした。
また、つたない説明およびご案内に最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

今後ももう少しラフな楽しい企画をしていきたいと思います。
無添加を知る。というのをテーマに続けていきますので、ぜひお気軽にご参加ください!