クールーフの床

こんにちは、久御山の河本です。

今日は、無添加素材のちょっとしたプチ情報をお伝えします

無添加住宅の屋根材といえば、
皆様なにか分かりますか!!?


↑↑石(粘板岩)です!!!

上の写真は「クールーフ ブラウン」です。

この石屋根は素晴らしい屋根材なのですが、
そのお話は展示場で聞いていただくことにして・・・ 話が長くなるから・・・

この屋根材を、久御山の展示場では
お風呂と洗面の床材
として使っています。

(お風呂に使うと遠赤外線が出て、なんと岩盤浴効果が!!)

↓↓クールーフの「グレー」を敷いたので、黒。

このままでもしっくいとの色差で十分かっこいいのですが、
もう一手間をかけると、更にかっこよくなるのです

それは・・・


↑↑を塗りこむ

写真で使っているのは、 「キヌカ」というお米の糠(ぬか)からとった
完全無添加の油
ウエス(布)につけてこすります。

塗っているところと塗っていないところとの差が
写真でもはっきり分かりますね

油を塗ると、濡れ色になってなんともかっこいい

別に絶対塗らないといけないわけではないですが。

「めんどうだな~」
とか
「手間だな~」
とか
思いますよね!??

でも私にはそのひと手間が、この上ないこだわりに思えます

きっとそうしたこだわりある家こそ愛着がでて、
たったひとつの「我が家」を築きあげるのだと思います

お家にもひと手間と愛情を