先日、ガラス屋さんが久御山モデルハウスに打ち合わせに来られました。

社長の小松が打ち合わせに入っていたので、少し待っていただき、
その間ガラス屋さんもモデルハウスを見学されていました。
ちょうどムシムシ、蒸し暑い日。
ふと上を見上げたガラス屋さんは、
「え!?このモデルハウス、1階はクーラー1つだけですか?!
と驚きの声をあげられました。
多分、このブログをご覧いただいている方は、
「1つしかクーラーついてない?だから何?」
という感じだと思います。
一般家庭だと珍しいことではないですよね。
ただ、久御山モデルハウスに限らず、モデルハウスは広いんです。
お暇な方は色んなモデルハウスの庭の裏側を見てみてください。
ものすごい数の室外機があるんですよ。
クーラーがんがんつけないといけないくらい、モデルハウスって意外と暑いんです。
なぜなら、
・モデルハウスは窓が多い
・モデルハウスはカーテンを閉められない
・すだれなどもつるすことが出来ない
などなど。
なのであちこちのモデルハウスをご覧になっているガラス屋さんにしてみれば
「え?なんでクーラー1つ?」だったんだと思います。
でも、無添加住宅はクーラー1つで大丈夫です。
なぜか。
ヒントはこちら→https://miyaji.jugem.jp/?eid=460
(以前書いたブログです。)
あとはモデルハウスでご説明させて頂きますので、
「なんでかなあ~」と考えながらお越しください。
なぜ無添加住宅は涼しいのか、夏休みの宿題にもいいですね!