こんにちは、髪を切った新生河本です。

突如バッサリと切ってしまったので、いろんな噂が飛び交うなか・・・
単なる気分転換という事実にほくそ笑む今日この頃。

久しぶりのブログ更新になってしまい、
「ブログ見てるよ~」
とおっしゃってくださっていたお施主様方々にはおまたせを致しております;

皆様、木が焼ける・というのは聞かれたことがあるかと思います。
「焼ける」
「飴色になる」
「いい風合いになってくる」


「・・・ほんまなん?」
って思いませんか??

本当ですw


下の写真は、無添加住宅で使っている、インドネシア松の写真。

右:陽に当たる環境下で数年経ったもの。
(たまに固く絞った雑巾で拭き掃除)
左:陽に当てないで1年経ったもの。
(ほったらかし・・・w)

左右全く同じ木ですが、この色の違い!!
右側は「濡れ色」になって、ワックスも塗らないのに艶が出ています

「日に焼ける」なんて、人間と同じ「生き物」と実感します

これを、「いい味」というのですね。

実際、目にしないと分からない点かと思いますので、
ぜひ一度、「無添加住宅 久御山展示場」にお越しください
(焼けてる方は久御山のベンチなので・・・座れます)

ちなみに・・・
上の写真は加工したものではありませんので・・・ご安心くださいね