しっくいとサイディング 暑いのはどっち?

暑いですねえ・・・

昨日京都は36度だったそうです。
体がしんどいはずです!
今日、モデルハウスの南側、カンカンお日様が当たる場所に
温度計を置いてみたところ、
なんと40度
お陰様で日向に出ると頭がくらくらします。
「じゃあ大人しく家の中でじ~っとしとこう・・・」
と思っても結局家の中も暑くありませんか??
昔、クーラーも扇風機もなかったころ、みんな家の中でどうやって暮してたんでしょう?
実は、昔の家はもっと涼しかったんです。
風通し、などいろいろな原因はありますが意外なところで、
家の素材も違っていました。
無添加住宅ではしっくい壁が標準仕様。
温度計が40度を示している中、壁の温度を測ってみたら、
34.3度。
涼しくはありませんが、温度計の温度よりは涼しい。
そして壁の材料に良く使われている「金属製サイディング」の温度。
サンプルを置いて測ってみました。
42度!
温度計より高い!!
 
ということは、しっくい壁の家の方が涼しくなると思いませんか??
しっくいは外が暑くてもそこまで温まることはないんです。
それに引き替え金属製のサイディングは温度に左右されやすいんです。
さあ、どちらの素材を選びますか?