春先に増えるキクイムシの被害!

 

無添加住宅にお住まいの皆様。

こんな小さな穴、見かけたことはありますか?



直径1~2㎜くらいの小さな、小さな穴です。
いっぱい開いてたら目立ちますが、1つだけだと、上の写真のように本当に見つけにくいです。
主に「しんごん」の床、建具、集成材で見かけます。

見かけたら、即!

即!

これ、穴かな?と迷う場合もすぐに!

建築した代理店へご連絡ください・・・。m(_ _)m

この穴、ヒラタキクイムシが発生したときにできる穴です。
初めは1つ2つと少ないのですが、1年ほっとくと、あっという間に無数の穴に変わっていきます。
無添加住宅では、木材に薬剤による防虫処理を施しておりません。
さらに薬剤は卵には効かないんです・・・。
建築中に見分けることができないので、当るかどうかは運次第という・・・本当にすみません。
同時期施工のお家でも、出るお家と出ないお家があるんです。

無添加住宅の処置方法として、発生の拡大を予防します。
そこで登場するのは、

ホウ酸!

虫退治に活躍するホウ酸団子ってご存知ですか?あのホウ酸です。
これを水で溶かして、該当箇所周辺の木材に塗布していきます。
一回だけじゃダメです。
春先に多いので、まずは見つけ次第その周辺の塗布をしておいて、翌年の春先前にさらに塗布しておきます。残った卵が孵るときにホウ酸漬けの木を食べて、次の卵を産まなくなります。
そうなると被害が止まります。
穴がちょっとのうちに予防をすると、次の被害が最小限で済むので、「あれ?」と思ったら連絡くださいね!!

ホウ酸は人間には無害ですが、素手で触れたり口に入れたりはしないでくださいね。
薬品の取り扱いはどんなものでも注意を払ってくださいね!