無添加素材について


無添加住宅には、他の家にはないさまざまな特徴があります。
永く住めることや省エネ効果、調湿性能など、独自の優れた機能を持ち合わせています。

無添加素材について

無添加素材

【外壁】漆喰・MOCODE

【屋根】クールーフ(天然石)

【断熱材】炭化コルク

【充填断熱材】ウッドファイバー・パーフェクトバリア

【接着剤】米のり

【床材】無垢材

【塗料】柿渋

サニタリー

【外壁】漆喰・MOCODE

外壁の塗り壁材は、耐火性・耐久性・安全性・意匠性に優れ、他の素材では表現できない独特の風合いと質感があります。
漆喰を塗った家の外観はいつまでも飽きが来ない。
漆喰を塗った家の外観はいつまでも飽きが来ない。
MOCOEは外壁用のセメント系塗り壁材。
MOCOEは外壁用のセメント系塗り壁材。
姫路城では耐火性も考慮して壁が漆喰に。
姫路城では耐火性も考慮して壁が漆喰に。

【屋根】クールーフ(天然石)

涼しい(クール)屋根(ルーフ)という意味を持つクールーフは、天然石である粘板岩を使用。粘板岩とは、数億年にわたり泥質推積岩が圧密された地層の中で、地殻変動による高温・高圧から生じた岩石です。クールーフはこの石を独自の工法で葺く石の屋根です。
屋根部
屋根部の熱を自然の風力で換気することで、従来の屋根以上の涼しさを実現。街並みに映えるデザインにもなる。
山を削り、天然石を採掘。
山を削り、天然石を採掘。
削った天然石は一枚一枚手作業で正方形カットする。
削った天然石は一枚一枚手作業で正方形カットする。

【断熱材】炭化コルク

断熱・防音・調湿・耐腐食性など優れた性能を持つ炭化コルク。樹脂成分だけで固まるための天然素材100%です。
まさに炭に包まれた家。
まさに炭に包まれた家。
コルクの樫の樹皮は9年で再生。
コルクの樫の樹皮は9年で再生。まさにエコロジーな素材。
蒸し焼き
炭化コルクは商品にならないバージンコルクや、ワイン栓に使うコルクの残りなどを廃棄利用し、蒸し焼きにして炭にしたもの。

【充填断熱材】ウッドファイバー・パーフェクトバリア

壁や天井の中にも安心安全な断熱材を使用しています。
ウッドファイバー
ウッドファイバーは不純物のない北海道産バージンチップが原料。高性能グラスウールなどと同等の断熱性能がある。
パーフェクトバリア
パーフェクトバリアは断熱性、吸音性などに優れた、ポリエステル100%の安全な素材。

【接着剤】米のり

無添加住宅の集成材は、米のりで接着。米は熱によってα化(高分子化)し、固まるとセルロース、つまり木と同じようなものに変化します。そのため、気温や湿度によって多少集成材が膨張や収縮をしても、米のり自体が木と一体化してはがれにくいのです。
ドアやクローゼットドアの木の接着に米のりを使用。
ドアやクローゼットドアの木の接着に米のりを使用。
手作業で米のりを塗り込む。
手作業で米のりを塗り込む。
圧力をかけ、固定して米のりと木を接着する。
圧力をかけ、固定して米のりと木を接着する。

【床材】無垢材

見ているだけでほっと和む質感。温かくしっとりと優しい肌触り。無垢材はナチュラルな暮らしにピッタリな素材です。また、身体に悪い薬剤殺虫処理をしていません。
無垢材は風合いある仕上がりに。
無垢材は風合いある仕上がりに。
無垢材の防虫・防カビは薬剤での処理をせず、約70℃の高温釜に1週間ほど入れる。
無垢材の防虫・防カビは薬剤での処理をせず、約70℃の高温釜に1週間ほど入れる。
出荷するまでにマイナス20℃の冷凍殺虫も行う。
出荷するまでにマイナス20℃の冷凍殺虫も行う。

【塗料】柿渋

無垢材の塗料には柿渋とベンガラを使用。その風合いはペンキでは表せません。時が経つほど、その価値を感じていただけることでしょう。
玄関ドア
玄関ドアに独特の光沢を出すため、柿渋を塗布。
柿渋
熱で殺菌することで、柿渋の色が褐色、赤褐色になる。
木部に塗布しているベンガラ
木部に塗布しているベンガラは、昔、顔料としても使われていた安全な素材。

サニタリー

水回りも天然素材にこだわっています。本物の素材が持つ存在感と美しさで、毎日のキッチンやお風呂での過ごし方が楽しくなるでしょう。
耐久性と美しさを兼ね備えた、本物志向の浴室。
耐久性と美しさを兼ね備えた、本物志向の浴室。


シンプルで洗礼された洗面化粧台。
シンプルで洗礼された洗面化粧台。
天然石の天板と無垢のキャビネットを使用したオリジナルキッチン。
天然石の天板と無垢のキャビネットを使用したオリジナルキッチン。


COLUMN

地震における安全性

無添加住宅が推奨している、三次元耐震システム金物「コボット」を使用することで、構造用合板を使うことなく、国が定める最高ランクの耐震等級3を実現することが可能です。また、基礎と土台の間に使用する御影石の石パッキンは、プラスチックを主原料とする一般の基礎パッキンに比べ、劣化しないので安全です。さらに一般の構造材としてよく使用される集成柱は、割れや剥離の危険性が高いだけでなく、有害な化学物質を含む接着剤を使用しているため、無添加住宅では使いません。
material_10

material_11

material_12

 
material_13
火事における安心

漆喰やMOCOEは耐火性に優れ、炭化コルクと組み合わせるとさらに強くなります。無添加住宅の漆喰(またはMOCOE)+炭化コルクの構造(右図)は国土交通省の厳しい試験をクリアし、認定も取得。また、新建材を使用していないため、万が一火事になっても有害物質が発生しません。
 
material_14
よりよいものを世界から

無添加住宅を必要としている多くの人に満足して住んでいただきたい想いから、わたしたちは世界各国から独自に開発してルートでさまざまな資材や素材を直輸入しています。例えば、インドネシアでは天然の無垢材と米のりで指定の規格の建具を作り、輸入する体制まで整えました。工法も省力化を目指して独自に開発するなど、コスト削減も図っています。
 
匂いも湿気も気にならない、心地よい究極の睡眠空間

内部の壁に使用する漆喰が、家具や生活用品などから揮発する化学物質を吸着し、分解します。さらにその他の自然素材の調湿効果や脱臭効果が相まって、自律神経が安定し、心地よい睡眠空間が実現できます。安心安全だけでなく、ぐっすりと眠ることができるのです。
 
material_15-2
地球にもやさしいエコロジーな家

無添加住宅は身体にやさしいだけでなく、長く持つため、環境にやさしいのも特長の一つ。1軒の家の寿命が長ければ、取り壊して建材を廃棄する機会が少ないため、エネルギー消費が少なくてすむ。また、建材で使用する漆喰は、生産の際に二酸化炭素を排出するものの、石灰岩に戻る時に二酸化炭素を吸収するのでエコロジーです。炭化コルクもワインのコルク栓を生産した残りなどを炭にしたもので、9年前に1度再生するコルク樫の樹皮だけを使用し、木の寿命も150~200年。石屋根も生産に二酸化炭素を排出せず、再利用も可能です。
contact3
contact4