無添加住宅について


“加えない”という価値。無添加住宅

“加えない”という価値。無添加住宅
無添加住宅誕生のきっかけは、体調不良を訴える一人の女性との出会いでした。
わたしたちは、その体調不良の原因が家の中の空気、すなわち化学物質だと推測し(のちにシックハウス症候群と判明)、その原因を排除した家づくりを始めました。
そこでお手本にしたのが、シックハウス症候群のなかった頃の昔の家づくりです。
昔の家は土と木、そして草や紙などで構成され、バランスがとれていました。
その考えを軸に、現代の家づくりに合うよう何度も吟味を重ね、自然素材に徹底的にこだわって完成させたのが「無添加住宅」です。
また、フランスとスペインに挟まれた小さな国「アンドラ公国」を訪れた際に、わたしたちは天然石や漆喰で造られた家の素材とデザインに感銘を受けました。
その家は築300年、400年を経ても美しさを保っていたのです。
その二つの要素が共生した家が無添加住宅。
無添加住宅はただの健康住宅だけでなく、夏や冬も快適で、経年変化が楽しめ、本物にしかない素材感やデザインなどの価値を提供します。
他にはない世界で一つだけの家、それが無添加住宅なのです。




01 身体に良くないものは 使わない。
01
身体に良くないものは使わない。

無添加住宅は、一般的な「自然素材の家」をはるかに上回る、言わば「超自然素材の家」。
漆喰、炭化コルク、天然席、米のり、無垢材、柿渋など、使用する建材は吟味に吟味を重ねました。
まるで森の中にいると錯覚してしまうような室内空間です。
 
02 単なる健康住宅ではない、 夏も冬も快適な家。
02
単なる健康住宅ではない、夏も冬も快適な家。

ただ単に自然素材を使うだけでは快適な家にはなりません。
夏や冬も心地よく暮らせることで、はじめて快適な住まいが実現します。
無添加住宅は独自の工法と本物の自然素材を使うことで、気持ちのよい室内空気環境を叶えています。

夏も冬も快適な家

 
03 お手入れをするごとに 愛着が湧く時を刻む家。
03
お手入れをするごとに愛着が湧く時を刻む家。

自然素材は、お手入れをするごとに深みのある雰囲気を醸し出し、時が経てば経つほど愛着が湧きます。
経年変化による美しさや風合いは、自然素材ならではの唯一無二な付加価値です。
 
04 飽きのこないデザイン、 本物の素材と手作りの魅力。
04
飽きのこないデザイン、本物の素材と手作りの魅力。

表情豊かな自然素材を使って職人が手作りする家は、世界に一つだけのもの。
それは、何世代にもわたって人々が自然素材だけで建てられた家に住み続け、美観が損なわれることなく存在しているフランス南西部にある町のようです。
フランス南西部の家
フランス南西部の家の天然石や漆喰など本物の素材だからこその風合い
壁材の漆喰
壁材の漆喰など、職人が手作りする家は、深みのある雰囲気に
 
子どもと家がともに成長する「はぐくむいえ」。
05
子どもと家がともに成長する「はぐくむいえ」。

子どもを健やかに「はぐくむ」、家も手を加えながら経年変化を楽しみつつ「はぐくむ」。
この二つの理由は、口に入れてもいいほど身体にやさしい本物の自然素材が、生きているが故に変化し、その過程を楽しめるから。
それはアレルギーやアトピー、喘息の方にも安心していただける住まいです。

築10年の家

築10年の家。10年経つと、漆喰や木などの自然素材がとても深みのある雰囲気に






家族の健康を守る。
家族の健康を守る。

無添加住宅は身体に良くないものは使わない、まさに「安全武装の家」。
昨今、日本は高気密高断熱住宅の推進により、住宅の気密性が高まりました。
そこで、今まで以上に室内の空気環境を大切に考えています。


吸い込む空気は選べない。

もし、目の前に無農薬野菜とそうでない野菜が並んでいたら、わたしたちは身体のことを考えて無農薬野菜を選ぶことができます。しかし、身体に吸い込む空気は自分で選んで吸い分けることはできません。人が1日に吸う空気の量は、約1.4万ℓ。重さにするとおよそ20kgになると言われています。これだけの空気の量を人は吸うのですから、建材が身体に与える影響は大きいことがわかります。

シックハウス症候群やアレルギー、喘息の方でも安心。

無添加住宅では、合成接着剤や化学建材などの身体に悪い化学物質を使わずに家を建てています。また、壁材に使用するオリジナル漆喰は、シックハウス症候群の原因と言われる揮発性有機化合物(トルエン、キシレン等)を吸着し、分解します。それらにより、これまでに入居されたたくさんのシックハウス症候群やアレルギー、喘息などのお客様から「症状が改善した」と喜びの声が届いています。
しかし、実際に空気は見えないため、そうした声に疑念を抱く方がいるかもしれません。そこで、無添加住宅と一般住宅の室内の空気環境を測定。その結果、無添加住宅の室内空気は85%が木材由来の成分で、有害な化学物質がほとんどないことが愛媛大学の空気測定によって明らかになりました。一方で、一般住宅からは木材由来以外のさまざまな化学物質が検出されました。

漆喰化学物質吸音試験

室内空気測定の比較

調湿性能に優れた素材で、快適な室内環境を。

漆喰は、繊細な多孔質の素材であるため、優れた吸湿・放湿性がある。
無添加住宅の内壁や天井に使用しているオリジナル漆喰は、床材や建具の無垢材と合わせ、優れた調湿性能を発揮します。室内の湿度が適度に調湿されるので結露を抑制し、心地よい空間が保たれます。こうした室内環境は、石油を原料とした新建材(化学建材)や、調湿性能が高すぎる珪藻土だけを使った家では実現できません。実際に「無添加住宅の空間」と、「新建材の空間」を作り、パンを入れて比較しました。すると新建材の空間は1週間足らずでパンにカビが発生しました。経過を見ると平均で6%の湿度差が生じ、常に新建材の方が湿度が高い結果となりました。つまり、「無垢材と漆喰の空間」である無添加住宅は調湿性能に優れ、快適な室内環境を実現すると言えます。

無添加住宅と新建材の空間比較実験


漆喰とビニールクロスの吸放湿量比較








省エネで快適な暮らし。
省エネで快適な暮らし。

無添加住宅は、独自の建材や工法によって、夏も冬も快適で省エネルギーな暮らしを提供しています。
機械だけに頼るのではなく、自然のエネルギーを生かした家づくりに取り組んでいます。


自然素材の理由は健康やデザイン性だけではない。

無添加住宅で使う自然素材は、四季折々の湿度変化への対応力が高いのも魅力。漆喰は太陽の赤外線を反射させるほか、断熱材の「炭化コルク」や天然石の屋根「クールーフ工法」などは、素材+工法でさまざまな快適性を叶えます。

漆喰の反射やクールーフ工法で、夏涼しく省エネも実現。

漆喰の反射やクールーフ工法で、夏涼しく省エネも実現。
施工時に大量の水を使うオリジナル漆喰は、ゆっくり乾く間に、純水な炭酸カルシウムが結晶(方解石)化します。その結晶が太陽光の熱源である赤外線を乱反射させるため、外壁に熱が溜まりません。右の写真は外気温28.5℃の時に、サーモグラフィーで建物を計測したもの。漆喰の壁の温度は27℃で、サッシの湿度は52℃と、なんと25℃もの差がありました。
さらに、一般的な外壁材「サイディング」との表面温度も比較。右記の①②は、窒素系サイディング壁、③はオリジナル漆喰壁の表面温度です。結果、漆喰とサイディングでは15℃以上の差があることがわかりました。
また、内壁の漆喰も外壁同様の効果のおかげで太陽光が反射するように高窓や照明器具を配置すれば、照明の明るさを控えめにしたり、照明器具自体を削減することができ、省エネにつながります。

そして、独自の工法(特許取得済)による「クールーフ工法」は、屋根部の熱を自然の風力で換気することが可能。従来の屋根以上の涼しさを実現でき、「夏場にエアコンをつけずに過ごせる」という家もあるほど効果があります。以上のことから無添加住宅は暑い夏日でも省エネで過ごしやすい快適な家を実現すると言えます。

日本建築総合試験場調べ

6日間の総電力量

冬でも快適で居心地のいい家。

無添加住宅は壁の中の見えない部分にも配慮しています。自然素材である「炭化コルク(外断熱)」と「ウッドファイバー(充填断熱)」を使用し、2月の寒い時期に室内の温度測定を実施。22時の就寝時から起床時の5時までで温度低下が約4℃にとどまり、国土交通省が定める基準よりも冬でも暖かい空間を保てることが実証できました。
また、無垢材のフローリングは木の低熱伝導率により冬でも暖かく、裸足でも寒さを感じません。同じフローリングでも新建材の家はウレタン塗装をするため、木の暖かさが失われてしまいます。実際に、無添加住宅の無垢材と新建材を冷凍庫に入れ、十分冷やした後、取り出して表面温度の計測を実施。すると、温度差はなんと9.1℃でした。さらに、無垢材は調湿性が高いため、結露の心配もありません。

就寝時エアコンオフ時からの室温降下

就寝時エアコンオフ時からの室温降下







暮らしの充実。
暮らしの充実。

本物の天然素材は、本物にしかない風合いや表情、飽きのこないデザインがあります。
その素材を職人が手作りで手間ひまかけて作る家。
本物の家は劣化することなく、日々経年変化し、永く住み続けることができる堅牢な家なのです。


わずか30年と日本の住宅が短命な現状。

国別、住宅の平均寿命の比較
日本の住宅と海外の住宅の寿命を国土交通省が試算した結果、アメリカの住宅の平均寿命は55年、イギリスの住宅が77年に比べ、日本の住宅は30年であることがわかりました。
理由の一つは、合成化学接着剤が20~30年で劣化し、それが住宅そのものの寿命につながるからです。
これは、日本の住宅産業がコストダウンや住宅の造りやすさを優先してきた結果だと言えます。

自然素材でつくるロングライフ住宅。

無添加住宅は、本物の素材で家を建築しているので建材が劣化することはありません。また、外壁は漆喰と炭化コルクを組み合わせた「漆喰塗り炭化コルクWALL」の工法なので、一般的なサイディングの壁のように継ぎ目がないことから、太陽光の紫外線により約10年しか持たないシーリングが不要です。さらに、漆喰は年月が経つほど元の固い石灰岩に戻り、強固になっていきます。そのうえ、炭化コルクは無機質なので腐ることもありませんし、漆喰・炭化コルクとも通気性がよいので、通気工法のような複雑な工法も必要ありません。また、サッシ周りには、万が一壁に水が入ってもそれを外に排出する独自の工法(特許取得済)も採用しています。以上のことから素材や工法により長寿命な家を実現することができるのです。

本物の素材は劣化せず、経年変化していきます。

炭化コルクと漆喰に組合せ。

サッシ周りの防水が保たれるシステム

時が経てば経つほどにその価値は増します。

本物の自然素材はお手入れするごとに日々熟成し、やがてアンティークになります。あなたは「工場で作った部品を組み立てるだけの家」か、「職人が手作りする世界で一つだけの家」のどちらを選びますか。本物の素材は、素材一つひとつの表情に愛着が湧き、経年変化が楽しめます。シンプルな家だからこそ、どんなインテリアにも合うものが無添加住宅です。

時が経てば経つほどにその価値は増します。





化学のりを全く使わない家が、本当の健康住宅なのです。

化学のりを全く使わない家が、本当の健康住宅なのです。

無添加素材について

contact3
contact4